#TolunaWins – Road To Wins 勝利への道 キャンペーン当選者発表

Rugby

 

 

メンバーの皆さん、

 

2019年ラグビーワールドカップが終わりました。 あっという間に過ぎた熱い53日間でした。 日経新聞によると、今大会の経済効果は4300億円とも言われていますが、優勝したチームに与えられる賞金は、なんと「0円」だそうです。 大会開催当初から賞金制度はなく、優勝チームには「ウェブ・エリス・カップ」と呼ばれるトロフィーが贈られるのみだそうです。これはアマチュアリズムの名残だそうで、賞金制度を設けるという議論は今までなされてこなかったそうです。 身体を張って、まさに死闘を勝ち抜いたチームに与えられるのは名誉のみ。 来年既に、対イングランド、スコットランド、そしてアイルランドとのテストマッチが予定されています。 日本代表チームの活躍を楽しみにしています。

一方、優勝賞金が桁違いなのがサッカー。 2018年のロシアW杯では、優勝賞金3800万ドル(約41億円)、賞金総額は4億ドル(約430億円)に上ります。

ラグビーとサッカーのW杯の賞金の差には驚きを隠せませんが、皆さんはW杯のような大きな世界的大会の賞金はあるべきだと思いますか?

ワールドカップ開催を記念してTolunaで行われた「Road To Win – 勝利への道」キャンペーン。たくさんのメンバーの方にご参加いただき誠にありがとうございます!

 

予想クイズにご参加いただきました1,105名のメンバーの中で、見事「南アフリカ」の優勝を予想された方は42名。その中で、期間中アンケートに5つ以上回答し、そして3つのトリビアクイズに正解されたのは13名のメンバー様でした。 48万ポイントを13名様で山分けし、お一人様36,924ポイント獲得されたのは、以下のメンバーの皆様です。 おめでとうございます!

rikunekuku様
tada2772様
ゆき831様
walter196様
まゆたん様
KDさん様
oyazi様
norinori55様
bowbells様
しょじお様
yippee444様
ぺるぺる様
紀9390188y様

 

ポイントはアカウントに1-2週間以内に加算させて頂きます。アカウントにてご確認下さい。

 

ラグビートリビアクイズの正解はこちらをご覧下さい。

イギリスで開催された2015年ワールドカップで、世界ランキング第3位の南アフリカ代表を相手に試合終了間際の逆転トライで大金星を上げた日本代表チーム。この試合は世界に衝撃をあたえ、何と呼ばれているでしょうか?

正解:ブライトンの奇跡

 

試合が終われば敵味方の区別に関係なくお互いの健闘をたたえあう。このフェアプレー精神にもとずく日本固有の言葉があります。それは以下の中のどれでしょうか?

正解:ノーサイド

 

ニュージーランドのチームは「オール・ブラックス」、日本チームは「ブレイブ・ブロッサムズ」。各国のラグビーチームには愛称がありますが、ではウェールズチームの愛称は?

正解:レッドドラゴン

 

ラグビーでよく使われている合言葉といえば?

正解:ワン・フォー・オール

 

危険なプレイ、重大な反則、スポーツマンシップに反する行為をした時に取られる「シンビン」。審判からイエローカード出されると一時退場となりますが、どの位の時間退場となるでしょうか?

正解:10分

 

今後も引き続き、アンケートへのご参加をお願いいたします。

 

 

Tolunaチーム

タグ: , , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。